三方よしの経営理念で、さらなる躍進をめざします。


沿革

明治20年(1887年)
初代長谷虎吉が岐阜県羽島市江吉良町に長谷製糸工場を創業
昭和12年(1937年)
二代目 長谷勘松、長谷絹布工場に改称
昭和18年(1943年)
三代目 長谷虎治、長谷虎製麻工場所を設立
昭和22年(1947年)
長谷虎産業株式会社と改称 綿糸の生産を開始
昭和26年(1951年)
長谷虎紡績株式会社と改称
昭和36年(1961年)
羽島市福寿町に新工場を建設しカーペットの生産を開始
昭和44年(1969年)
合弁会社 豊田化工(株)設立 車輌カーマットの生産開始
昭和45年(1970年)
カーペットの後染設備の導入((株)ハイボーン設立 )
昭和51年(1976年)
連染機導入 車輌用カーマットのナイロン後染化
昭和55年(1980年)
コンピュータージェット(CJ)染色設備の導入
昭和58年(1983年)
カーペットJIS表示工場となる
昭和59年(1984年)
自動車用 純正用品マットの生産開始
昭和61年(1986年)
大阪ビルの新築
昭和62年(1987年)
創業百周年記念事業を実践、四代目社長に長谷和治就任 CJカーペットタイル設備の導入
平成元年(1989年)
CJカーペット(クレーター)が第27回全国繊維技術展
発明表彰にて当社が開発したタフティングマシンが岐阜県知事賞受賞
平成2年(1990年)
本社工場の集約合理化 特殊糸による少量多品種生産体制が整う
平成15年(2003年)
エコマーク認定のリサイクルカーペットタイル生産開始
平成16年(2004年)
中国上海に上海豊虎汽車地毯有限公司を設立
平成17年(2005年)
船舶カーペット生産開始
平成18年(2006年)
平方工場にてISO9001認証取得
平成19年(2007年)
米国テネシー州にTUFTORA AUTOMOTIVE CARPET INC.を設立
平成22年(2010年)
東京営業所を現在地に移転
平成25年(2013年)
CJカーペットタイル 最新染色設備の導入

page top

採用情報