BLOG

ちょっと一息日々の記録

岐阜県には、日本三大美祭のひとつである“高山祭”があります。

高山祭とは春に日枝神社で行われる春の高山祭“山王祭”と

秋に櫻山八幡宮で行われる秋の高山祭“八幡祭”のふたつをさす総称です。

10月9日・10日に艶やかに行われた“八幡祭”についてご紹介致します。

 

祭の起源は飛騨の江戸時代、領主が大名金森氏のころ(1585年から1692年)

屋台の起こりは1718年頃といわれ(高山では山車のことを屋台と言います)

巧みな人形の動きを披露するからくり奉納や

仕掛けが施された戻し車など、匠の技が生きています。

 

takayama_5

 

秋空の下、国の重要有形民俗文化財である八幡祭の屋台11台が曳き揃えられます。

9日・10日とも布袋台は八幡宮境内に、他の屋台は表参道に登場します。

屋台彫刻や見送幕、構造の細部まで鑑賞できる機会とあって

多くの人々が屋台を囲み感嘆の声をあげていました。

 

takayama_6

 

巧みな動きを披露するからくり人形

戻し車と呼ばれる車輪を使い屋台の向きを変える技術など

まさに圧巻と言える見ごたえです。

 

この美しい感性、伝統的な匠の技を

よりよいものづくりに繋げていければと思います。

 

時代は移り変わり、人々の暮らしぶりも変化していきますが

伝統ある匠の技を守り、進化させ、今の時代に伝えることの大切さを

美しい秋の彩とともに改めて実感することができました。

9月4日(日)、一般社団法人羽島青年会議所(以下、羽島JC)の家族例会が

当社の平方(カーペット)工場で開催されました。

 

羽島JCは、「明るく豊かな社会の実現」という高い理想を掲げ

まちづくり、ひとづくり運動を進めている団体です。

今年度は、髙砂理事長の掲げる「共育創生」というスローガンのもと

地元羽島のために様々な活動をされています。

 

当日は、羽島JCのメンバーの皆様とそのご家族の皆様をお迎えして

家族例会が無事に開催されました。

今回は、お子様も多数いらっしゃるとのことで

工場見学だけではなく、様々なイベントも設けさせて頂きました。

 

工場見学では、せっかく皆様にお越し頂くということで

休日ではありましたが一部の機械を稼働させ見学して頂きました。

 

当社の誇るCJ(コンピュータジェット)機の前では

実際に機械が目の前でカーペットにプリントしていく光景に

お子様だけでなく大人からも歓声があがり

お子様たちも興奮した様子で機械に見入っていました。

 

kouryuu_1

 

工場見学終了後は実際にオリジナルのカーペットを作成しようということで

白いカーペットにそれぞれ思い思いの絵を描いて頂きました。

 

お子様たちの真剣な眼差しと、

普段家では見せない集中力でカーペットに絵を描く光景に、

参加された親御さんからも、驚きの声が上がっていました。

 

何より、作成中のお子様たちの真剣な顔と

作成後には嬉しそうにそのカーペットを見つめる笑顔から

ものづくりの尊さを改めて感じました。

 

kouryuu_4

 

今回、こうしたイベントを当社で開催させて頂き

地域との交流の大切さと同時に

このような機会を今後も積極的に持つべきだと強く感じました。

 

ある親御さんからは

お子様がご自身で作られたカーペットを宝物のように玄関に飾り

毎日眺めているということを聞きました。

そうした言葉を耳にし、私たちが携わるカーペットの持つ魅力と

その秘めたる力に気づくことができました。

 

今回の機会を通して、人の心を動かすものづくりに

邁進して行こうと強く感じた一日になりました。

 

kouryuu_3

 

一般社団法人羽島青年会議所様

ご参加頂いた皆さま

大変ありがとうございました。

先日、当社の大切なものづくりパートナー会社様との

交流を深めることを目的に

ソフトボール交流試合が開催されました。

 

当日はお天気にも恵まれ

和気あいあいとした雰囲気の中

とても楽しい時間となりました。

 

2試合を行い、

結果は…1勝1敗。

ほぼ互角の引き分けとなりました。

 

softball_2

 

普段、なかなか顔を合わせることのない

生産に携わる現場の方々と

実際に顔を合わせ、交流を深めることは

より良いものづくりを行う上で

大きな意味を持ちます。

 

今回参加したハセトラメンバーも

営業、開発、品質保証、工場、その他間接部門

と様々な部署から集まり

社内交流という意味でも、とても有意義な時間となりました。

 

“ものづくり”にとって最も重要なことは人と人との“和”です。

自分や自分の工程だけを考えるのではなく

みんなが思いを共有して、目標に向かってお互い助け合い

思いやりながら仕事をすることが

より良いものづくりに繋がるのだと思います。

 

それは社内だけでなく、材料を供給してくださる

パートナー会社様との関係においても

同様だと思います。

 

こうした交流を大切にして

更により良いものづくりに繋げて行ければと思います。

 

softball_3

 

試合終了後は、みんなでお弁当と

パートナー会社の社員様お手製の焼きそばを食べ、

楽しいひと時を過ごしました。

程よい疲れと、美味しい食事にお腹も心も満たされ

とても充実した一日になりました。

 

今回お世話になった皆様、本当にありがとうございました。

 

「平成28年熊本地震」により被災をされた皆さまに

心よりお見舞いを申し上げます。

被災地においては一日も早い復旧と

皆さまのご無事を、お祈り申し上げます。

 

淡墨桜(うすずみざくら)という品種をご存知でしょうか。

 

岐阜県本巣市の淡墨公園にある国指定の天然記念物

樹齢1500年以上のエドヒガンザクラの古木が有名ですが

実は、長谷虎紡績にも60年余の薄墨桜の樹があります。

 

淡墨桜は、ソメイヨシノとは異なり

蕾のときは薄いピンク

満開に至っては白色

散りぎわには特異の淡い墨色になり

淡墨桜の名は、この散りぎわの上品な花びらの色にちなむそうです。

 

sakura_2

 

撮影したのは、丁度桜風吹き舞う曇りの日。

まるで、水墨画の世界のように

ハラハラと濡れた石に舞い散る花びらは、実に雅やか

侘び寂びを感じる事が出来ました。

 

この日本独特の美しい感性を

より良いものづくりに繋げていければと思います。

 

sakura_4

去る1月15日(金)、自警団出初式が

ハセトラ本社グランドで開催されました。

 

長谷虎自警団は、昭和24年に発足し

今年で67年目を迎えます。

我が城は我が手で守るを合言葉に

毎月2回(1日・15日)を訓練日として

これまで歴史を重ねてきました。

 

当日は早朝よりご多用の中

羽島市長様、羽島市消防署長様の御臨席のもと

無事に出初式を終えることができました。

 

zikeidan_2

 

この取り組みは、決して会社を守るためだけではなく

それぞれの家族や地域・社会を守る上でも

大切なものだと思っています。

 

社員一人ひとりの防災意識の高揚と

この訓練で培った知識や経験が

いざと言う時に必ず力になると信じ

これからも活動していきたいと思います。

 

お忙しい中、早朝よりご臨席賜りました来賓の皆様

本当にありがとうございました。

自警団員の皆さん、寒い中お疲れ様でございました。

 

 

1 2 3 4 5 6

最新記事

アーカイブ

page top

採用情報