BLOG

テキスタイルの動向

6月11日、降り立ったシカゴは、霧の中。
そして霧の中から顔を出すビル郡は、グレーの色合いに染まり
幻想的な雰囲気に包まれておりました。
 

 
毎年6月にシカゴで開催されているネオコンは、
今年記念すべき50回目の開催となりました。
会場の中に入ると、外の霧模様とはガラッと変わり
エスカレーターをのぼる途中、頭上に虹が現れました。
それは、レインボーカラーの糸を張りめぐらせた、見事なグラデーションの「糸の虹」。
色彩豊かに、華やかな空間へと来場者を出迎えております。
 

 
各ブースに入る時にはスタッフによる簡単なチケットのチェックがあり、
「ハーイ、元気?」と笑顔で気さくに声を掛けてもらい
こちらもGoodやFineなど簡単な言葉であいさつを。
小さなコミュニケーションですが、自然と顔がほころびます。
 

 
昨年に引き続き、自然と調和するデザインが多く見受けられ、
オフィス家具などにも木などを中心とした自然素材、
フェルトや布のような肌触りも見た目も暖かみのある素材が使用され、
リラックスできる空間が作られておりました。
 

 
どの企業も新作が目白押しで、個性溢れる商品が数多くあり、
衣服を身にまとうように、カーペットもファッションの一部に
なったような印象を得ました。
用途に合わせて、クールでかっこいい、明るく華やかに、
優しくぬくもりを感じる、何かが始まりそうなワクワクする雰囲気、
静寂のある落ち着いた印象などなど、物語を感じます。
 

 
さて、話が少し変わりますが
6月頃のシカゴは日の入りは、おおよそ20時30分近となっており
日本の夕方とは違い明るい太陽が昇っています。
そんな中で、仕事終わりにミシガン湖付近を散歩していました。
すると18時30分すぎに、ミレニアムパーク(公園)のジェイ・ピュリツァー・パビリオンに
ぞくぞくと人々が集まり、こんな平日に何があるのだろう??と後を追ってみると
オーケストラの音色が耳に入ってくるではありませんか。
後から調べた所によりますと、
シカゴでは毎年6月から8月にかけてクラッシックやジャズなどを
中心としたグランパーク音楽祭がこの場所で開催され
市民の憩いのひと時になっているとのことでした。
(しかも無料です。一部のみ有料席有り)
 
開放的な野外会場ではクラシック音楽が響き、
会場後方の芝生広場では人々が思い思いに過ごす姿がありました。
恋人同士で肩を寄せ合い話をしていたり、家族や友達、仲間でピクニックをする人たち、
ふらっと一人でやってきて静かに音楽に耳を傾ける人。
およそ1時間30分ほどのコンサートでした。
 
音楽や美術が身近にあることが、羨ましくもあり、
とても豊かな事なんだなとふと感じてみたり、
そんな日常に触れられたことで、おおらかな気持ちになりました。
そしてきっと、物作りにもこんな日常が反映されているのだなと感じた瞬間でした。
 
こうした経験を持ち帰り、
新たなアイデアやデザインを作り出していきたいと思っております。

Domotex Asia 2018が
3月20日~22日の日程にて開催され視察の為中国上海に行って参りました。
 
今年で20回目となる展覧会では
40カ国から約1500ものエキシビジョンが参加されおり
数々の新しいデザイン、新しい素材が発表され
多くの来場者が訪れる会場は、
益々勢いの増す中国市場の熱気が高まっておりました。
 

 
全体のデザインは世界トレンドに沿ったものが多く感じられましたが
その中でも中国独自のオリエンタルな風合いや色彩、
歴史を感じるモチーフなどが見られ、その国の文化や風土を知ることができました。
 

 
縁起の良いモチーフとして「蝶」のデザインが多く見られ
蝶は中国語で“ディエ”といい、耋(としより)と同じ発音から「長寿」をイメージさせるため、
縁起物としてよく使われているとのことです。
 
また展示ではインクジェットプリントが非常に多くのブースにて展示されており、
アジア市場での勢いを肌身で感じることができました。
それらはピース品がほとんどで、
絵画のように額装して展示してあるものもあり、高級な印象を得るものでした。
 

 
その中でもリアルな表現が目に留まり、宇宙・動物・植物などをプリントしており、
数メートル離れると写真かのように思えるほどのリアルな表現の物はありました。
カラフルで緻密な表現も多く展示されており、
「見て、触れて」楽しむという展示形式で来場者を楽しませておりました。
 

 
これからも技術やデザインを学び続け
より良い商品をご提供できるよう取り組んで参ります。
 
今後とも長谷虎紡績株式会社を
どうぞよろしくお願いします。

弊社の紡績事業部のテキスタイル・アパレル部門において3月2日(金)繊研新聞の一面に
新しい取り組みとその開発秘話が掲載されました。
繊研新聞は、業界紙ではありますが、
繊維業界ではとても多くの方に購読されております。
 
クライアント様のゴールドウィン
『ザ・ノース・フェイス』2018-19秋冬コレクションにおいて
高い保湿性を備え、水濡れに強いダウンを使った
『サンダージャケット』が発表されました。
 
記事中のスキーヤーで冒険家の三浦雄一郎さんからも
『温泉に入ったような暖かさ』と評価を頂いている混率は
ダウン60%(そのうちフェザー6%)ポリエステル40%で従来より合繊の比率が
高いハイブリッドダウンです。
 
その素材開発は従来の商品よりも、より社会にとって良いこと
より人びとにとって良いことを追求し、
諦めることなく不可能に挑戦したからこそ実現しました。
 
もちろん、この開発が実現したのは当社だけの力ではなく
共にものづくりを行うパートナー様が居てこそ。
まさに、素材だけでなく、業種間・職種間を超えたハイブリットと言えます。
 
今後も常に新しいことに挑戦する姿勢を失わず
より良いものづくりを愚直に追求して参りますので
引き続きご愛好の程よろしくお願い申し上げます。

昨年に引き続き、今年も「NEOCON2017」の視察のため

アメリカのシカゴまで行って参りました。

 

NEOCONは

シカゴのマーチャンダイズマートにて毎年開催される

世界最大のコントラクト向けインテリア見本市。

今年の開催日は6月12日~14日の3日間でした。

 

さて、NEOCONの開催場所であるマーチャンダイズマート

マーチャンダイズマートは、1930年着工から2年の歳月を経て

卸売業の総合ビルとして完成しています。

しかし、時代はセ界大恐慌の真っ只中。

マーチャンダイズマートは完成後すぐに

ゴーストビル化してしまったという歴史が残されています。

 

その後、1946年にジョセフ・ケネディにより買収されたことをきっかけに

卸問屋やオフィスの他ショールーム・展示会場としても活用され

今ではなんと年間300万人もが訪れる商業ビルとして

発展し続けています。

 

実は、このマーチャンダイズマート

商業建築のビルとしては世界一の敷地があり

総面積は39ヘクタール

階数は25階まであり、その高さはなんと104mもあり

これより広い建築物は

1940年に建設されたアメリカ国防省のペンタゴン

以外にはないと言われています。

 

 

マーチャンダイズマートの向かいには

シカゴで成功を収めた数々の商人のブロンズ像が

建物を見守るかのように並ぶ姿を見ることができ

その存在感は確固たるもの。

まさに、建築の街シカゴ!!を象徴するかのような建物です。

 

そんな歴史のある建物で開催される「NEOCON」も今年で49回目を迎え

近年の来場者は5万人を超え、年々増える人の多さからも注目度の高まりを感じます。

 

 

さて、カーペットについてですが

主要メーカーの新商品が一同に見られるというだけあり

最新の技術を駆使した製品は毎年大変見ごたえがあります。

 

 

今年の傾向のひとつとして床材の多様化を感じました。

各社カーペットだけではなく

LVT(ラグジュアリービニールタイル=デザイン性の高い塩ビタイル)

等のハード床材の分野にも力を入れており

異素材を組み合わせることにより、フロアデザインの可能性を広げようとする印象を受けました。

 

 

カーペットの色に関して、

多くのカーペットメーカーでモノクロの色使いが多い印象がありましたが

『knoll』や『carnegie』などの家具メーカーでは

カーテンやソファにカラフルな色合いのものが多く

部屋全体のコーディネートとして捉えて見ると

モノクロとカラーのバランスが良く

全体として調和が取れているように感じました。

 

 

デザインの傾向としては

自然の中にあるものをイメージソースに

デザイン表現したものが多く見受けられました。

 

このように、自然との繋がりに価値を置いたデザインのことを

“バイオフィリックデザイン”と呼ぶのですが

現在のオフィス空間において非常に注目されている

空間デザインの1つになっています。

 

勤務時間中でも、いかにリラックスして過ごせるかが

生産性、創造性の向上に繋がると言われており

それが写真のような苔や植物など自然界から抽出した

デザインに現れているように感じました。

 

このように、時代の流れを読み解き

求められる商品を創り、ご提供することが

お客様に喜びと感動を与えられる一歩だと感じています。

 

これからも技術やデザインを学び続け

より良い商品をご提供できるよう取り組んで参ります。

 

今後とも長谷虎紡績株式会社を

どうぞよろしくお願いします。

今年も世界最大のコントラクト向けインテリア見本市「NEOCON2016」が

6月13日から15日までの3日間、アメリカのシカゴで開催されました。

 

世界のインテリア業界で最も注目される見本市がこのNEOCON。

会場は世界中から集まった建築家やデザイナー、製造業者、販売業者などであふれ

展示や新製品紹介の見本市に加えて、発表会や研修会も開催され、刺激的な3日間となります。

今年も昨年以上ににぎわい、700社以上のインテリア・家具メーカー、ファブリックメーカーなどが出展し

世界各地から53,000人もの来場がありました。

 

ネオコンとは 「NEO CONVERGENCE(新しい集会)」を縮めた造語で

1969年から続き今年で48回目を迎える見本市です。

会場はシカゴ川に沿って建つマーチャンダイズマートで行なわれ

例年ハセトラからも現地に赴き、インテリア業界のトレンド動向を視察しています。

 

neocon_2

 

シカゴといえば、ダウンタウンを環状に走る高架鉄道CTA(ザ・ループ)。

「ザ・ループ」が目に飛び込むと、途端に“シカゴらしい”景色になります。

シカゴの街は、その美しい都市景観から映画やドラマの舞台になることも多く

個人的には、昔よく見ていた海外ドラマ「ER緊急救命室」の通勤場面や

映画「アンタッチャブル」のユニオン駅や「ブルースブラザース」等が懐かしく

まるで映画の世界に入り込んでいるようでした。

 

neocon_3

 

さて、カーペットについてですが

欧米の大手メーカーはほとんどが出展しており

各々が個性を主張した商品構成とブースとなっていました。

全体を通しては、おそらく流行色なのだと思われますが

各社黒グレーとブルーを組み合わせた配色が非常に多かったように思います。

 

neocon_4

 

また、オフィスの新たな傾向が顕著に見て取れました。

まるで「オフィスのリビング化」!!

温かみのある色合いや曲線を強調したスツール等

リラックスできるオフィス空間の提案が多く見られました。

以前は男性が大半だったオフィスで、多くの女性が働くようになったため

女性をターゲットにした空間演出の提案が増えたのではないかと考えられます。

 

neocon_5

 

最後に、テキスタイルの起源でもある織物からの発想が特に印象的でした。

日本の「さをり織」からのインスピレーションを商品化したメーカーもあり

織物の温かさを表現する上で、カーペットはうってつけのアイテムではないかと思いました。

伝統と最新の技術を融合させ、今までにないアイデアの商品をご提供することが

これからの時代には必要になってくると感じました。

ハセトラでもカーペットメーカーとして長年培ってきた技術と

CJプリントという最新の技術を活用し

カーペットに新たな価値を表現していきたいと思います。

 

次回のNEOCONは2017年6月12日~14日

建築の街シカゴで学んだ最新のトレンドと刺激を元に

今後も“インテリアを通じて、より良い環境を作ること”という想いのもと

お客様にお喜び頂ける商品をご提供できるよう

誠心誠意取り組んでまいります。

 

今後とも長谷虎紡績株式会社を

どうぞよろしくお願いします。

 

弊社のCJを活用した施工事例はこちら

↓↓↓

http://hasetora.co.jp/施工事例/

1 2

最新記事

アーカイブ

page top

採用情報