BLOG

               <2018年6月27日、繊研新聞 差別化の原点より>
 
先日、繊研新聞に弊社の取り組みなどを取り上げて頂きました。
この記事は、繊研新聞の中堅紡績企業を特集した記事で、弊社のこれまでの取り組みや
現在、力を入れ取り組んでいる内容が記事として掲載されました。
 
日本の紡績は、ピーク時から比較すると現在の設備規模は、30分の1程度にまで縮小しています。
ここ数年を見ても事業環境は益々厳しさを増しています。
一方で、世界に目を向けると、人口は増加の一途をたどり、それに比例して衣料用の繊維消費量は年々増加。
 
国内の紡績規模は年々減少して来ましたが、果たして世界の中で技術レベルは低いのでしょうか。
いえ、日本の紡績は、世界の中で決してレベルが低い訳ではありません。
これまで長年にわたり得た経験やそれに伴う技術の蓄積など、技術レベルだけで言えば、
世界でも決して引けをとるものではありません。
 
つまり、どんなに高い技術があっても、それが世の中のお客様にとって必要とされなければ意味がありません。
また、必要とされる技術があっても、それをしっかりと発信して知ってもらうための努力を
しなければならないと痛切に感じています。
 
今年の6月、弊社のホームページをリニューアルしたのも、
まさに私たちの持つ技術や特徴を多くの人に知って頂き、
これまでの私たちの経験を通して、より多くの人や社会にお役に立ちたいという思いからです。
 
そして、この技術や経験を次に繋げていくことの必要性も強く感じています。
その一環として今年から特に力を入れているのが若手の教育です。
 
今年、10名の新入社員が新しいメンバーに加わってくれました。
3月下旬の研修を終え、4月7日からそれぞれ営業や工場などに配属されました。
配属後も定期的に研修を企画し、実施させて頂いております。
 
5月30日、元アップルジャパンの社長で、現在は株式会社コミュニカを立上げ、
日本の若者を育て、日本を元気にしようと活動されている、山元賢治様をお招きして、
「若者の覚悟」と題し、特別研修を実施させて頂きました。
 

 
あの、スティーブ・ジョブス氏から直接ヘッドハンティングされ、
そしてiPhoneを日本にこれだけ広めた山元様のご経験や、言葉の重み一つ一つは、
10名の新入社員にとって何よりの「しげき」となりました。
来年以降もこの研修を継続的に行い、新入社員及び若手教育の柱として行きたいと思います。
 

 
7月20日には、トヨタ紡織様の「安全体感道場」を新入社員10名全員で受講させて頂きました。
 

 
7月は、1日から7日までは全国安全週間でした。
4月に配属された新入社員が、少しずつ作業にも慣れ始めた時期でもあり、
こうした時期が最も事故が多いとも言われています。
そこで、今年から新入社員にこの安全体感道場の受講をはじめました。
 
新入社員一人ひとりにとっても、この時期に安全について学べたことは、本当に貴重な経験となりました。
 
また、今回の経験を単なる学びで終わることなく、
日々の作業や職場の安全レベル向上に繋げて行きたいと思います。
(社長室 長谷享治)

6月11日、降り立ったシカゴは、霧の中。
そして霧の中から顔を出すビル郡は、グレーの色合いに染まり
幻想的な雰囲気に包まれておりました。
 

 
毎年6月にシカゴで開催されているネオコンは、
今年記念すべき50回目の開催となりました。
会場の中に入ると、外の霧模様とはガラッと変わり
エスカレーターをのぼる途中、頭上に虹が現れました。
それは、レインボーカラーの糸を張りめぐらせた、見事なグラデーションの「糸の虹」。
色彩豊かに、華やかな空間へと来場者を出迎えております。
 

 
各ブースに入る時にはスタッフによる簡単なチケットのチェックがあり、
「ハーイ、元気?」と笑顔で気さくに声を掛けてもらい
こちらもGoodやFineなど簡単な言葉であいさつを。
小さなコミュニケーションですが、自然と顔がほころびます。
 

 
昨年に引き続き、自然と調和するデザインが多く見受けられ、
オフィス家具などにも木などを中心とした自然素材、
フェルトや布のような肌触りも見た目も暖かみのある素材が使用され、
リラックスできる空間が作られておりました。
 

 
どの企業も新作が目白押しで、個性溢れる商品が数多くあり、
衣服を身にまとうように、カーペットもファッションの一部に
なったような印象を得ました。
用途に合わせて、クールでかっこいい、明るく華やかに、
優しくぬくもりを感じる、何かが始まりそうなワクワクする雰囲気、
静寂のある落ち着いた印象などなど、物語を感じます。
 

 
さて、話が少し変わりますが
6月頃のシカゴは日の入りは、おおよそ20時30分近となっており
日本の夕方とは違い明るい太陽が昇っています。
そんな中で、仕事終わりにミシガン湖付近を散歩していました。
すると18時30分すぎに、ミレニアムパーク(公園)のジェイ・ピュリツァー・パビリオンに
ぞくぞくと人々が集まり、こんな平日に何があるのだろう??と後を追ってみると
オーケストラの音色が耳に入ってくるではありませんか。
後から調べた所によりますと、
シカゴでは毎年6月から8月にかけてクラッシックやジャズなどを
中心としたグランパーク音楽祭がこの場所で開催され
市民の憩いのひと時になっているとのことでした。
(しかも無料です。一部のみ有料席有り)
 
開放的な野外会場ではクラシック音楽が響き、
会場後方の芝生広場では人々が思い思いに過ごす姿がありました。
恋人同士で肩を寄せ合い話をしていたり、家族や友達、仲間でピクニックをする人たち、
ふらっと一人でやってきて静かに音楽に耳を傾ける人。
およそ1時間30分ほどのコンサートでした。
 
音楽や美術が身近にあることが、羨ましくもあり、
とても豊かな事なんだなとふと感じてみたり、
そんな日常に触れられたことで、おおらかな気持ちになりました。
そしてきっと、物作りにもこんな日常が反映されているのだなと感じた瞬間でした。
 
こうした経験を持ち帰り、
新たなアイデアやデザインを作り出していきたいと思っております。

 
当社の紡績工場(以下、本社工場)では、衣料用から産業資材用まで
さまざまなタイプの糸を作っております。
そこで使用する綿花は、シーリーさんという、長年にわたり綿作に
並々ならぬ情熱を持ち続ける方の畑で、丹精込めて育てられた綿を使っています。
 
シーリーさんの所有する綿花畑の広さは、なんと
羽島市の2倍の面積、約10万㎡もあるのです。
写真の様に見渡す限りシーリーさんの土地なのです。
もちろん、お客様の希望があればさまざまな綿花を手配しています。
 
シーリーさんの高品質な綿を使い始めて、はや20年になります。
それには理由があります。
日本で例えるなら「お米」が解りやすいでしょうか。
よく、同じコシヒカリでも「魚沼産のコシヒカリ」がおいしいと言われます。
ですが、その裏にはその地域に合った品種改良がなされ、
土壌管理や水、肥料などを適切にやっているからです。
 

実は、私も農家なのでよく解ります。会社勤めをしながら稲作をすると、
休日しか作業が出来ない為に稲作がおろそかになってしまいます。
ましてや雨に降られたら翌週に延びてしまいます。
それでは、おいしい米が出来るわけありません。
こうして米作りの上手い人、下手な人の差が出るのです。
綿花も同じで、綿作に情熱をもってやっている人とは品質面で差が出ます。
つまり私たちは綿作が上手い人から高品質な綿花を買っているのです。
まさに契約農場みたいなものです。
 
シーリーさんとの最初の出会いは、今から20年以上も前のことになります。
年1回行われる綿花の国際的な会議(国際綿花諮問委員会)に出席した時に、
わざわざ日本の紡績会社が宿泊するホテルに訪ねて来られ、
その時に面談したのが弊社の綿花担当でした。
 
シーリーさんは「是非、日本の紡績会社に自分の畑の綿花を使ってほしい」と
お願いに来られました。担当者はシーリーさんの綿作における情熱に心を動かされ
「日本の紡績が希望する綿花について」、10年もの間、現地の綿花畑まで出向き
収穫場所毎のロット区分や綿のクリーニングの仕方を指導しました。
収穫が終わるとシーリーさんに来日頂き、実際に本社工場を見学され、
真心のこもった商品を見られ感動されました。
この様な親密な関係を築く事が出来、今日に至ります。 
 
このような関係を築けた紡績会社は世界各国探しても他には無いと自負しています。
今では「HASE-1」とお伝えすれば、弊社の希望する綿花のグレード
(繊度、繊維長、強度、色)を供給して頂ける間柄となっています。
近年は地球の気候変動で、世界各地の綿作地で水不足に悩まされる年があります。
シーリーさんの畑も例外ではありません。収穫量が十分の一以下になった年もあり、
その様な時にも弊社向けに綿を確保して頂いた経緯があります。
前担当者はよく「コットンファミリー」という言葉を使われておりましたが、
まさにその通りです。
 

 

「2008年 前担当者とシーリーさんら関係者」

 
ただ単に綿花を買うのではなく、お互いを理解し良い人間関係を
築く事の大切さを感じました。
このご縁を私どもは大切にして、今後も良好な関係を継続してまいります。
 
そして、お客様にとってより良い商品づくりに、これからも
邁進して参りたいと思います。
 
(紡績部門 業務課 小笠原正人)

 
6月1日は当社の創業記念日です。
明治20年(1887年)に創業し、今年で131年目を迎えます。
 
こうして今日があるのも多くのお客様、お取引先の皆様、諸先輩方をはじめ
社員とその背後にあって支えて下さっているご家族の皆様のお陰です。
心より感謝御礼を申し上げます。
 
明治20年、初代長谷虎吉は地元との共存共栄を願い、当時なんの産業も無かった
地元に産業を興しました。
雇用創出することで、地域の発展とそこで暮らす人々の幸せ、そして、国家の繁栄を
願い続けました。その思いは、初代から今なお代々受け継がれています。
 
現在の礎を築いた、3代目の虎治にも、代々続くそうした強い思いがありました。
 

 
そして、3代目が特に力を入れたのは、社員教育です。
事業は人なり。
より良い仕事でより良い品物を作るには、それに携わる者の品性が高く無ければならない。
 
その思いの裏には、本人の若い時の苦難が大きく影響しています。
昭和初期、世界を襲った大恐慌は、当社にも例外なく影響しました。
生糸の相場は暴落し、その当時で100万円(現在の価値に換算すると10億円)の借金が残ったのでした。
 
当時、まだ10代だった虎治は、その光景を目の当たりにし、藁をもすがる思いで、
事業のことをある方に相談します。
その内容を聞いた廣池千九郎博士(モラロジー創建者、法学博士)の高弟、香川景三郎氏は
10代の青年にこう語りかけます。
 
「あなたは運命が悪い。もし運命が良ければ天下の財閥に生まれ、この様な借金に苦しむことも
なかったでしょう。だが、現在の運命の原因をいくら考えても仕方ない。
これからのあなたの運命を、あなた自身で良くしていけばよいのです。
そのためには、あなたの心づかいと行いによって、運命が変わってくるのですよ」
 
 その言葉に強い衝撃を受けた青年に、さらにこう続けます。
 
「運命をよくするには、真の親孝行をしなさい。真の親孝行とは、心から親に安心、満足、
喜びを与えることです。親に仕えるのが天地の道であり、その親と子の道に絶対に服従しなければ
ならないのです。そして、親に安心を与えるには、尊敬し、兄弟が仲良くしなければなりませんよ」
 
 その当時に虎治が認めた八訓が今でも残されています。
この17才の青年が書いた文字から、その時の強い決意や思いがひしひしと伝わってきます。
 

 
【八訓】
一、 忠孝
一、 正義
一、 勤勉努力
一、 生明日
一、 動世界
一、 常困難
一、 不相手人 為相手天
一、 商英雄
 
昭和五年四月十九日 之書実行 長谷虎治(十七才)
 
 
伝統と革新。そして、不変と可変。
 
創業から131年が経ちましたが、一貫して変わらなかったことは、創業者の理念と繊維に
携わってきたということです。私たちは繊維しか知りません。
だからこそ、繊維の可能性と魅力を誰よりも知っていると自負しています。
 
この長い歴史の中には、常に挑戦する姿勢がありました。
私たちもその挑戦する姿勢を失わず、新生ハセトラに向け邁進して参ります。
 
本日より、ホームページの内容もリニューアルさせて頂きました。
当社の事業の一翼を担う、紡績部門の内容を新たに加えました。
これから新しい取り組みなどにつきましても、随時アップして参ります。
引き続き楽しみにして頂ければ幸いです。
 
今後とも長谷虎紡績株式会社を何卒よろしくお願いいたします。

Domotex Asia 2018が
3月20日~22日の日程にて開催され視察の為中国上海に行って参りました。
 
今年で20回目となる展覧会では
40カ国から約1500ものエキシビジョンが参加されおり
数々の新しいデザイン、新しい素材が発表され
多くの来場者が訪れる会場は、
益々勢いの増す中国市場の熱気が高まっておりました。
 

 
全体のデザインは世界トレンドに沿ったものが多く感じられましたが
その中でも中国独自のオリエンタルな風合いや色彩、
歴史を感じるモチーフなどが見られ、その国の文化や風土を知ることができました。
 

 
縁起の良いモチーフとして「蝶」のデザインが多く見られ
蝶は中国語で“ディエ”といい、耋(としより)と同じ発音から「長寿」をイメージさせるため、
縁起物としてよく使われているとのことです。
 
また展示ではインクジェットプリントが非常に多くのブースにて展示されており、
アジア市場での勢いを肌身で感じることができました。
それらはピース品がほとんどで、
絵画のように額装して展示してあるものもあり、高級な印象を得るものでした。
 

 
その中でもリアルな表現が目に留まり、宇宙・動物・植物などをプリントしており、
数メートル離れると写真かのように思えるほどのリアルな表現の物はありました。
カラフルで緻密な表現も多く展示されており、
「見て、触れて」楽しむという展示形式で来場者を楽しませておりました。
 

 
これからも技術やデザインを学び続け
より良い商品をご提供できるよう取り組んで参ります。
 
今後とも長谷虎紡績株式会社を
どうぞよろしくお願いします。

1 2 3 4 5 8

最新記事

アーカイブ

page top

採用情報