BLOG

「Re:touch」は、SDGs達成に大きな貢献をもたらす(であろう)活動に取り組んでいる
企業・団体を紹介し、ともにサステナブルな社会をつくるためのパートナーシップを築
くことを目的とした、プロアクティブなメディア。

 

当社も積極的に取り組む、2015年9月に国連サミットで採択されたSDGs(Sustainable
Development Goals(持続可能な開発目標))

 

2020年、岐阜県がSDGs未来都市に制定され、既に岐阜県下においても様々なSDGsの
切り口で具体的なアクションにつなぐ連携事例が創出されています。

 

そこで、大垣市にあるサンメッセ㈱さん。
地域メディア誌発刊による地域コミュニティを創出してきた経験を活かし、岐阜県を中
心とした地域発展と地方創生につなげる

 

SDGs連携コミュニティポータル『Re:touch(リ:タッチ)』を立ち上げられました。

 

 

そして、サンメッセ㈱さんから、当社も参加しないかとお誘いを受けました。
もちろん、SDGsを進める上で一隅のチャンスと喜んで参加させていただきました。
これから、私たちは一企業ではなく様々な業態とワンチームでSDGsに取り組まなければ
社会は成り立たないという危機感を持っています。
地域はもちろん国内や海外へ、「素材は世界を変える」をスローガンにさまざまな取り
組みを発信していきたいと思います。

 

「Re:touch」メイン URLは ↓ 
  URL:https://www.retouch-sdgs.jp
当社の掲載は ↓
  URL:https://www.retouch-sdgs.jp/interview/22.html
YouTubeもあります ↓
  URL:https://www.youtube.com/watch?v=MxoeNCRV-z8

 
是非ご覧ください!!

 

                                         総務部

※繊研新聞2021年9月1日付(第20711号)より

 

業界紙、繊研新聞『私のビジネス日記帳』に掲載されました。

 

今回のテーマは「ファッションマイレージ」。

 

「ファッションマイレージ」???

 

「フードマイレージ」という言葉を最近、耳にする機会が増えましたよね。
食品を運ぶ際に排出される二酸化炭素量のこと。
私たちの食は、たくさんの二酸化炭素排出によって支えられているのです。

 

これからのビジネスでは環境配慮が非常に重要です。
SDGsへの人々の関心が、このコロナ禍でさらにその意識が高まっているのを実感しています。

 

一方で私たちが携わっている繊維業界はどうか。
欧米でも有名ブランドを含め、ファッション業界が環境に大きな負荷をかけていることが大きな
問題として浮上しています。

 

 

私たち人間に365日いろんな形で一番触れているのが繊維。
日本の衣料品の輸入浸透率は98%を超え、国産はわずか2%。海外からの輸入(運送)に支えられています。

 

そこで、フードならぬ「ファッションマイレージ」が今後の繊維業界全体で重要なキーワードになる
と感じています。

 

 

国内の紡績設備数はピーク時から98%減と日本でのモノづくりは大きな岐路に立たされています。

 

我々には、モノづくりを絶やしてはならないという強い思いがあります。
環境配慮型の素材に切り替えていく方針に大きく舵を切った当社。
環境に負荷をかけずにいかに国内でものづくりを行うかが問われていると思います。

 

繊研新聞ホームページ「繊研プラスhttps://senken.co.jp/

 

                                長谷虎紡績株式会社
                                代表取締役社長 長谷享治

お盆前から各地で豪雨による災害が続いています。
被害に遭われた方々に心より、お見舞い申し上げます。

 

ここ数日、夏の暑さを忘れるような日常ですが、
先週までは温暖化でしょうか、猛烈な暑さが続いていました。
ここ平方(ひらかた)工場では暑さに負けず、カーペットを生産しています。

 

現在3年に1度、あるお得意先様用カーペットのラインナップ刷新に向け、
サンプル帳向けカーペット生地生産の真っただ中!

 

サンプル帳とは?
お得意先様の商品ラインナップが1冊にまとめられたカタログ帳。
実際のカーペット生地が添付されており、
ご覧になるお客様がカーペット選びの際に実物を見たり触ったりして体感、
確認ができる作りになっています。
お得意様には、今回も数多くの商品をご採用いただきありがとうございます。

 

その生産ロット数も膨大となります!
お得意先様に納期でご迷惑をお掛けする事は出来ません。
我々営業含め、間接部門も総出で現場の応援に入るなど、
工場一丸となって生産をしています。
しかしながら、我々素人同然の営業がお手伝い出来る事といえば、
カーペットを作るための糸をスタンドに1本1本手作業で取り付けるという
比較的簡単な作業です。

 

 

・・・が、しかし!
付ける本数は1商品あたり約1,200本!!
しかも、糸が6種類有り、設計図のようなものを見ながら決められた所に
決められた色の糸をつけなければなりません・・・
気の遠くなるような作業です。

 

 

この日、作業場で一番暑い場所の温度はなんと驚異の48℃!!
滝のような汗をかきながら暑い暑いと泣き言を言っている我々を尻目に、
淡々と作業をされる現場の方々・・・
本当に頭が下がります。

 

こうした方々のおかげで安心して商品をお客様へ納品できるという事を
改めて思い知らされました。

 

                      インテリア部門
                       営業二部 松岡真司

8月12日、お盆を前に私たちの祖先、両親、先人先輩といった恩人の方々に対して、
感謝報恩の誠を捧げ盆入式を執り行いました。
昨年は、コロナ禍で実施できませんでした。今年は、2年ぶりの実施。
しかも、今回は法要の様子を各事業所へZoomを使ってライブ配信しました。
こんなことは、コロナ前では考えもしませんでしたが・・・

 

さて、お盆とは?

 

お盆は盂蘭盆会(うらぼんえ)の略語。
日本では推古天皇14年(西暦606年=1415年前)に始まったと言われています。
そのいわれは、お釈迦様の弟子の目蓮尊者(もくれんそんじゃ)が、
母親が餓鬼道におちて苦しんでいるのを見て、お釈迦様の教えによって、
旧暦の7月15日に供養してその母親を救ったという故事によるものです。

 

2年前にもお話ししたかも知れませんね。
すいません。

 

この行事は当社の創業時から130年以上、連綿と続く伝統行事です。
社員一同、こうした伝統を継承し受け継いで来られた先人たちに改めて感謝しな
ければなりません。
そして、改めて後世に続くよう進歩発展し続けることを誓わせていただきました。

 

話しは一転しますが、
最近、さまざまな形で当社がメディアに取り上げられています。
・メーテレ『SUCCES』       7月10日 放送済み
・FM岐阜『学校では学べない授業』 7月11日~8月1日 4回にわたって放送

 

今回は、
・メーテレ『反転の光』
 放送予定:8月15日(日) 17:55 予定
・SDGsで触れる、ぎふのみらい『RE:touch』(主催:サンメッセ㈱)
 Interviw(SDGsの先駆者に訊く)
      https://www.retouch-sdgs.jp/ (※掲載日時、未定)

 

いずれも、是非ご覧ください!

 

 

                            総務部

杉乃實さん(所在地:京都)の直営店が岐阜県高山市にあります。

機会がありましたら、是非お立ち寄り下さいね。

 

杉乃實(すぎのみ)株式会社さんという・・創業40年以上の老舗メーカー
であり京都から「ちりめん丸紐」「タオル」など繊維雑貨をメインに発信。

 

和と洋を融合させ、懐かしく他にはない新しさを追求した商品作りに
日々取り組んでいらっしゃいます。

 

杉乃實さんと弊社は、京都の展示会で知り合いました。
ご縁尊し..新たなパートナーとしてお付き合いしています。

 

そこで杉乃實さんの和と洋を融合させ、他にはない・・商品を一部ですが
紹介します。京都の風情そのままの商品群です。

 

社内のショールーム 一部をご覧頂きます。

 

京都の観光地へ来た?? そんな気分になりますよ。。

 

 

 

どの商品も京都の風情満載ですが、その中でも私の目に留まったのが3ブランドから成るこだわりのボディタオルです。お客様の声を反映させ、泡立ち・泡切れ・速乾性・ほどよい刺激感・柔らかソフト感。。織り方を変えて表現された、正にこれこそこだわりの一品です。

 

 

私は長年に渡りボディータオル愛好家です。
ある産地のボディータオルを使い続けてますが・・
この様な一つ一つこだわる商品は拝見したことないですね。

 

出会ったその日から・・このボディータオルを使わせて頂いてます。
お蔭様で、毎日のバスタイムが待ち遠しいくらいです。

 

皆さんもお一つ・・如何ですか。
昨今の状況下・・お風呂が楽しみになりますよ・・・

 

またアクティブな一面、そして一押しの商品もご紹介します。

 

 

ある京都の展示会会場での風景です。
観光地の売店・・ちょっと立ち寄りたくなる感じしません?。。

 

あと・・一押し商品 ちょいおきマスクケースのご紹介です。

 

 

裏地に国際特許のミューファン糸(機能性<抗菌・防臭>付加)を使い
タオル地なので洗濯も可能で衛生的ですね。

 

最後になりますが、一部の商品アイテムを紹介させて頂きました。

 

出会いがあった京都の展示会では、沢山の会社様が出展されていて

 

どのブースも、京都を精一杯醸し出した商品ばかりでした。

 

私は、杉乃實さんのブースを発見し何かに吸い込まれるように。
当時は忙しくされていたので名刺交換だけでしたが、後日面談をお願し
訪問させて頂きました。

 

そこで、ボディータオルの説明を受けましたが、社長様はご説明され・・
凄い形相で熱くこだわりを語って頂いたのは衝撃でした。

 

杉乃實さんの会社方針    ”他にはない新しさを追求する”

 

私は是非とも杉乃實さんの商品を案内させて頂きたく考え、打ち合わせを
重ねて、提案をさせて頂きました。

 

これからも、提案出来る状況を常に考え・・末永くお付き合いが
出来ることを願っております。

 

簡単ではありますが・・

 

京都の和と洋を融合させたこだわり・・杉乃實さんの紹介をさせて
頂きました。

 

有難う御座いました。

 

紡績部門 資材商品部
平川 克巳

1 2 3 4 5 21

最新記事

アーカイブ

page top

採用情報