BLOG

こだわりの素材

(繊維ニュース 2021年11月10日掲載記事)

 

昨年、スタートしたグループ会社による
フェムテック事業(フェムテックブランド:efe エフェ by KODENSHI)

 


(12月1日~3日、ぬくもりLab 展 と題して展示会を開催)

 

プロジェクト立ち上げから、わずか9ヶ月での展示会を開催
(12月1日から3日の3日間)。

 

このわずか9ヶ月のスピード開催への秘訣を
様々な企業や団体でブランディング、クリエイティブサービスを
提供されている株式会社ロフトワーク(Loftwork Inc.)さんが
自社のHPに取り上げて下さいました。

 

題は、
「起案後わずか9ヶ月で展示会実施へ
  フェムテック新ブランドの立ち上げ、スピードの秘訣を探る」
下記、URLより
https://loftwork.com/jp/project/firbest_efe_exhibition

 

 

もちろん、この新ブランド「efe」を立ち上げた入社2〜3年目
(当時、1~2年目)の3人の意気込みも掲載されています。
是非、皆さんにご覧いただければと思います。
 

 

efe のURLはこちらから
↓↓↓
https://efe.firbest.co.jp/

 

 

 

                                  総務部

国内唯一の「糸(YARN)」に特化した展示商談会「19th JAPAN YARN FAIR」が今年の2月17日~18日に開催されました。
国内の糸メーカー等49社2団体の企業団体に加えて、産学連携を支援する取り組みとして2大学が初出展。尾州産地の素材メーカーを中心とした川中事業者の機能性や意匠性に富んだ高付加価値の「糸」を提案する機会として注目を浴びています。

 

 

糸に特化した商談会「JAPAN YARN FAIR」を、尾州産地で開催し、川上事業者の情報発信・提案の場を
設けることで、川中事業者の高付加価値のものづくりの創出を支援し、ひいては産地・業界の新たな活路を見出す一助となるよう期待されています。

 

 

このイベントに当社が初出展しました。

 

 

来場の皆さんは、当社ブースの鮮やかさに目を引いたのではないでしょうか。
この鮮やかな床は、この1月31日よりヘラルボニー社との協業により開発されたラグマットを使用さ
せていただきました。
デザイナーの八重樫季良さんが色彩鮮やかな建築物をイメージしたデザインです。

 

 

 

当展示会「JAPAN YARN FAIR」は、冒頭にも述べましたように「糸」に特化された商談会です。
まさに、当社が掲げる「素材で世界を変える」にマッチした展示商談会でした。

 

 

それでは、今回展示させていただいた「糸」を紹介させていただきます。

 


光電子🄬は、高い遠赤外線輻射機能を持った素材で、最大の特徴は自身の体温によって生み出される
自然のあたたかさを感じられる素材となっており、コンディショニング機能としても注目を浴び大手
スポーツアパレルメーカーさんにも採用されています。

 


当社は、環境に配慮した素材に大きくシフトしています。
BRINGは、不要になった衣料や繊維製品を、生活者の協力を仰ぎ
リサイクルに繋げるプロジェクトです。ポリエステル繊維を再生
ポリエステル原料に変え、そこから新たな服を作ります。

 


Plax Fiberは、植物由来で生分解性を持つポリ乳酸繊維です。カーボンニュートラルといった
環境特性に加え、肌に優しい弱酸性や抗菌性に優れた特徴があります。従来の石油素材とは違い
自然に帰るとっても地球にやさしい素材です。

 


ULTRA-Fは、高レベルの難燃性を持つ素材です。また、抗菌・坑ウィルス機能を持っています。

 


Kynol™糸は、約50年前にアメリカで宇宙開発に用いる耐熱素材として
開発されたフェノール系ノボロイド繊維を使った素材で熱による溶融
がなく化学薬品にも強いため宇宙産業などに採用されています。

 


空間デザインの素材として、今回は当社のCJカーペットも紹介させていただきました。

 

当日は大変な寒波の中、お取引さまをはじめご来場いただいた方々には大変感謝を申し上げます。
ありがとうございました。

 

 

                          JAPAN YARN FAIR 出展担当者一同より

 

 

グループ会社、㈱ファーベスト主催
「ぬくもりを体感する3日間 ぬくもりLab展」が
12月1日(水)~3日(金)、東京は渋谷区道玄坂にある
@Dogenzaka Pierで開催され、好評のうちに無事終える
ことができました。
事前の予約制にもかかわらず、とても多くの方々にご来
場いただきありがとうございました。
また、お取り先をはじめ、ご支援や応援をいただいた
皆さま方には心よりお礼を申し上げます。

 

こうした展示会は、グループとしても今回がはじめての取組み。
この展示会の中心にあるのが、
今年4月から始めたフェムテックプロジェクト。
注目されるのは、女性スタッフ(入社1~2年目)が中心となって
立ち上げたプロジェクトであること。
フェムテックのテーマは、女性特有の悩みを解消する素材や
製品の実現を目指しています。
女性スタッフの知見を生かして、さまざまな悩みに応えたい。
そんな思いから立ち上げられたプロジェクトです。

 

[お問い合わせ]
株式会社ファーベスト ぬくもりLab Project info@firbest.co.jp

 


(2021年11月30日 繊研新聞 掲載)

 

業界紙、繊研新聞や繊維ニュースといった、繊維業界で代表
されるメディアで大きく取り上げていただきました。

 

ありがとうございました。

 

 

                            総務部

この度、グループ会社の株式会社ファーベストが企業様向けに
「ぬくもりを体感する3日間 ぬくもりLab展」と題して、
遠赤外線素材 光電子®の展示会を下記日程で開催致します。

 

日時:2021.12.1(水)~3(金) 10:00~17:00  入場料無料/予約制
会場:@Dogenzaka Pier
     東京都渋谷区道玄坂1-22-7 道玄坂ピア MAP
対象:こんな企業様におすすめします。
   ・新しい素材を使った商品開発を検討している
   ・フェムテック市場での商品開発を目指している
   ・女性向け商品開発の新たなパートナーを探している
   ・私たちの考える「ぬくもり」に共感できる企業様
※展示会は、予約制。
 詳しくは、URL:https://nukumori-lab.com/

 

[主催:お問い合わせ先]
 株式会社ファーベスト ぬくもりLab Project info@firbest.co.jp

 

 

                                      総務部

 

最近よく耳にする言葉に「サスティナブル」があります。
そこでまず解説したいのは「サスティナブル」の意味です。そして、サスティナブルな社会とはどのよ
うなものか、サスティナブルを理解して、今の時代にフィットした生活をしてみてはどうでしょう。

 

——————————————————
サスティナブル(サステナブル)とは
——————————————————

 

「サスティナブル(サステナブル)」の意味はよく知られているようで、一方、あまり耳にしたことが
ない人もまだたくさんいるでしょう。

 


地元、小学校で植えられた綿花の苗

 

サスティナブルの意味
サスティナブルという言葉は「持続可能な(sustainable)」という意味であり、その後に続く「開発(Development)」の意味も含んで用いられます。

 

サスティナブルという言葉が使われ始めたのは、1987年国連の「環境と開発に関する委員会」の報告
書であり、その後2015年に国連サミットで「持続可能な開発のためのアジェンダ」が採択されて広ま
りました。

 

その中心である「SDGs:Sustainable Development Goals」つまり、「持続可能な開発目標」がサス
ティナブルの言葉の背景にあります。サスティナブルという言葉は、人々の活動は自然環境が持続可
能で人類社会が持続可能な発展をするようなものでなければならないという意味を持ちます。

 

——————————————————
ナスティナブルな社会とは
——————————————————

 

 

サスティナブルな社会とはどのような社会か、それを実現するために企業はどのような活動をして
いるのでしょうか。ここでは、国連の目標と企業の活動について見てみましょう

 

 

持続可能な社会とはどのようなものか、国連サミットが定めた目標であるSDGs17(Sustainable
Development Goals17)から主なものを列記してみましょう。

 

「貧困をなくそう」「飢餓をゼロに」「ジェンダー平等を実現しよう」「働きがいも経済成長も」
「人や国の不平等をなくそう」「住み続けられるまちづくりを」「つくる責任つかう責任」
「気候変動に具体的な対策を」「海の豊かさを守ろう」「陸の豊かさを守ろう」
「平和と公正をすべての人に」
詳しく、知りたい方はこちらへ https://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/oda/sdgs/about/index.html

 


地元、小学校での特別授業の様子

 

これらを見ると自然保護のみならず、人権・平等・公正を含んでおり、人類社会の問題解決に
大きな比重が掛けられていることが分かります。すべての人がすべての地域で豊かになること
がサステイナブルの目標です。

 

——————————————————
当社のさまざまな取り組み
——————————————————

 


上の表は、当社本社工場のエネルギー消費量とCO2排出量をグラフ化したものです。

 

生産量の変動はあるものの日常の節電対策や付帯設備の見直しによりエネルギー消費量と
CO2排出量の削減に努めています。

 

省エネルギー活動として、ボイラーの燃料転換によるCO2排出量削減、照明器具のLDE化、
コンプレッサーの負荷バランスの調整など、日々の改善活動を実施し、生産設備、原動力の
徹底した省エネ・節電活動を推進しています。

 

オフィスでの取り組みでは、クールビズや省エネ活動、テレビ会議システム(Zoom)の有効
活用によるCO2削減。国内各拠点をはじめテレビ会議システムの導入を図り、会議や打合せで
有効活用することで人の移動を抑制し、移動に伴うエネルギー消費を削減しています。

 

 

サスティナブルなファッションの追究もしています。
現在世の中に沢山の衣料品が溢れておりますが、衣料品の約5割強にポリエステル繊維が使用
されています。おおよそ年間4,000万トン以上が生産されており、多くの石油由来原料が使わ
れています。

 

しかし、そんな衣料品も時が経つと捨てられてしまいます。
大量に捨てられている服を循環させる。
この発想がパートナー企業とサスティナブルなファッションへとつながっています。
廃棄された衣料品に含まれるポリエステル繊維だけを溶かして、精製して、もう一度ポリエ
ステル繊維の原料であるポリエステル樹脂を製造することができます。
つまり、この循環させる事により私たちが依存してきた石油に代表される地下資源や、製造
の過程で消費されるエネルギーの量も削減し、CO2の排出量を減らせることにもつながります。

 


地元、中学生の体験学習の様子(本社講堂にて)

 

私たち長谷虎グループは、「サスティナブルな社会」の実現という課題にさまざまな形で
取り組んでまいります。

 

                                         総務部

1 2 3

最新記事

アーカイブ

page top

採用情報