BLOG

製品のこだわり

(ファーベスト社、施工イメージデザイン画)
 
弊社ではCJ(コンピュータージェットダイ)機による、お好きなデザインを
カーペット原反へプリントして製品化しております。
 

 
因みに冒頭とは別の柄ですが、こんな感じの機械で、
強大なインクジェットプリンタのイメージで、染色しております。
 
1980年導入して様々なデザインを世に送り出しましたが、今回グループ会社
株式会社ファーベスト社様での模様替えに協力致しました。
株式会社ファーベスト社様は特徴のある繊維を作っておりますが、その特徴とは
「高純度微粒子セラミックスを独自技術により均一に繊維の中に練り込み
遠赤外線の吸収・ふく射作用を高める繊維」です。
そんな特殊技術を持つ会社からのデザインの要望を受けました。
 
そこで、当社デザイナーがどのような考えをもってデザインしたかですが
「企業イメージを踏まえてデザインは・大地の大いなる力・生命の源の海(水)」
(冒頭の施工イメージデザイン画)を表現しました。
 
企業イメージ大事ですよね!!
そのイメージをカーペットでお伝えするするのは、なかなか難しいですが・・・。
大地・海・・・大きいですよね。そのイメージを大事にするために
500㎜角のタイルカーペットを約300枚使い全体を1つの柄として表現することにしました。
 
柄は非常に大事ですが、色も同じように大事です。
今度はいつも色を作っている担当者へ話を聞いております。
社内デザイナーより「紙」でもらったデザインを見て色を出しましたが、発色性や
色のバランス・濃淡
などを見て紙で作った色柄のイメージを崩さない様苦心したようです。
紙での色とパイル(繊維)での色は同じようにはなかなか出ません。
より近い色を出すようにするのは、長年の経験・技術の積み重ねがあってこそです。
 

 
特に今回のポイントは「ラメ糸」です。キラキラ光るあの「ラメ」です。
このラメ糸が本来の「キラキラ」感が出るか大変不安だったようです。
試作でOKでもお客様が満足いただけなければNGです。
また、試作OKでも施工してイメージ通りでないとこれもまたNGになります。
残念ながら、写真ではラメ糸の感じが(申し訳ありません・・・)
試作品では出てます!
OKをいただき本番です。
約300枚の500㎜角タイル1枚ずつ柄が違います。
1枚ずつ柄のデータを作成して本番の日はデザイナー自ら色柄をチェックします。
「OK!」と言っては無いですが、心の中ではつぶやいたと思います。
 

 
当日は少し雨が降っていましたが濡れないように無事搬入後、
施工がスタートいたしました。
ベテラン職人さんが手際よく貼っていきます!無事に施工が完了致しました。
写真を撮り社内へ報告しましたが、どうしても現物が見たい!!とデザイナーと工場メンバーと東京へ・・・。
 
オフィスの出来栄えに!! 
 

 

 
お客様へ感想をお聞きしましたが、「500㎜角タイルをつなぎ合わせたように見えない」
「ラメ糸がキラキラ光って豪華」などの感想をいただきました。
タイルカーペットが1枚物に見えるので意図して1枚だげ向きを変えていただいたり
ライトを一部消してラメ糸のキラキラ感を確認させていただきました。
 
出来上がり大変驚いておりました。
 
アミューズメント施設や遊技施設などには効果が期待できそうです。
お客様がよろしければ、執務室なども良いかもしれません。
 
商品の特性上、一部制約がございますのでお問い合わせをいただければと思います。
 
冒頭の「ファーベスト社」への特殊繊維については下記URLを参考の上、
お問い合わせください。
http://www.firbest.co.jp/
 
営業部 第一グループ

今回ご紹介させて頂くのは
お客様から注文を受けてから実際にカーペットが施工されるまでの流れです。
弊社では、お客様からのご要望に対して、丁寧にデザインの提案から施工まで
責任を持って管理させて頂いております。
 
今回ご注文を頂いたのは、東京の南青山にオフィスを構える(株)コミュニカ様です。
(https://communica.co.jp/)
ご注文を頂いた物件は、広さとしては100㎡程度で、オフィス兼教室として使用されています。
 
弊社では、お客様のご要望に応えることと同時に、より良い空間デザインの提案を目指し
営業と開発チームが一丸となり、様々なデザイン提案をさせて頂いております。
 
当初、落ち着いたブラウン系でオーダーを頂いておりましたが
この場所が教室として、全国各地から多くの方が学びに来ることや
東京の南青山という大都市の中で、ここに集う方がより心地よく
リフレッシュして頂ける空間を意識し、幾つかデザイン提案をさせて頂きました。
 
こちらがデザイン案のシミュレーションです。
左がブラウン系でオーダーいただいたもの、右がデザイン提案させていただいたものです。
 

 
そして、当初のご要望だったブラウン系と、新しくご提案させて頂いた
グリーン系をプレゼンさせて頂いた結果は…?
即決でした!コミュニカの代表を務める山元様から
このグリーンで行きましょうと、嬉いお言葉を頂きました。
デザインが決定した後、試作を行っていきます。
これから試作から生産までの一連の流れを紹介していきたいと思います。
 
まず、使う糸をセットしていきます。セットされている糸の数だけ
カーペットを織るための針があります。
機械によってその本数は異なりますが、多いもので約2,700本にものぼります。
 

 

 
試作をはじめていきます。少し織って柄の確認をしました。
 
今回は2柄試作しています。同じ糸を使用しているのですが雰囲気が全く変わります。
濃いグリーンの柄(写真1右側)はストライプ柄のように見え
薄いグリーンの柄(写真1左側)はブロック調に見えます。
どちらの柄のほうが良いか開発チームだけでなく工場の人にも意見を聞き
ストライプ調の柄で再度柄の出し方を調整し、カーペットの顔を決めていく事にしました。
 

写真1 _____________________ 写真2

カーペットの重さやパイルの長さを確認し、いよいよ織りはじめていきます。
 
このあとタイル加工を経てカーペットが出来上がります。
以上がカーペットが作られるまでの流れになります。より良い商品を作り上げる為に考え取り組み
お客様のご要望にそえるよう何度も試作を繰り返しております。
 
こうして出来上がった試作品をお客様に確認していただき、ご納得いただいた上で生産に移ります。
出来上がったカーペットがお客様の元へ届き、いよいよ施工が始まります。
もともとはフローリングだった教室がカーペットに生まれ変わり
全く違った雰囲気へと大変身いたしました!
 

 
施工後、お客様からは嬉しい反応を頂いております。
「最高のお仕事に感謝!です。教室の雰囲気だけでなく
音に対しても大きな変化がみられます。感謝」(山元様Facebookより)
 
これからもお客様にとってより良い商品をご提供できるよう取り組んで参ります。
 
デザイナー 左路実有里

今年で開催36回目を迎える

日本最大級の国際インテリア見本市

JAPANTEX(ジャパンテックス)

 

長谷虎紡績では

今年も、もちろん出展致します。

 

今年の開催テーマは

「Japan Style × Interior Beauty

―日本のおもてなし、ひとを想うデザイン美学―」

インテリアを中心に

ライフスタイルやインテリアスタイル

最新のトレンドなどが提案されます。

 

長谷虎の展示商品は

“Premium CJ Tile Carpet”

 

5/64ゲージのレベルカット高密度パイルに

オリジナルのプリントを施したシリーズです。

 

新型CJ機となり

より滑らかなグラデーション

立体的で豊かな柄表現が可能になった

長谷虎の製品をぜひご覧くださいませ。

 

長谷虎の製品は

日本カーペット工業組合様のブースにて

ご覧頂けます。

 

ぜひJAPANTEX2017にお越し頂き

長谷虎製品の展示ブースまで

足をお運び頂けましたら幸いです。

 

皆さまのお越しをお待ち致しております。

 

<JAPANTEX2017詳細>

日程:11月15日(水)〜11月17日(金)

時間:10:00~17:00

皆様の日頃からのご愛顧により

『冴』シリーズ

「ホテル客室向けCOLLECTION1/16G」を

作成することとなりました。

 

今回の商品は

「1/16G」という高密度マシーンを

駆使して作成したコレクションです。

 

「1/16G」のハイグレードな高密度は

滑らかなグラデーションと

繊細でシャープな凹凸を

自由に表現できることが特徴です。

 

コレクションの柄は、全部で3柄。

冒頭の写真は

幾羽もの鳥が重なりあって

飛ぶ様を描いた千鳥柄を

リズムよく組み合わせることで

躍動感のあるデザインに仕上げている

“Chidori” – 千鳥 –

 

 

正方形を交互に規則正しく敷き詰められた

石畳をインスピレーションソースに

シンプルでありながら美しい表情が

際立つデザインに仕上げた。

“Ichimatsu” – 市松 –

 

 

水蒸気がゆらゆらと立ち湧いて

昇る様をインスピレーションソースに作成された

豊かな奥行きを感じさせる

“Tatsuwaku” – 立涌 –

 

どの柄もシンプルでありながらも

今までにない立体表現と

美しいグラデーションで

『冴』ある仕上がりになっています。

 

『冴』シリーズ

「ホテル客室向けCOLLECTION1/16G」は

8月末にリリース予定です。

お問い合わせ頂ければ

喜んで皆様のもとにお届けに参ります。

 

どうぞよろしくお願い申し上げます。

1987年10月 アーキデザイン展発表会にて

自社製品CJ(COMPUTERJETDYE)カーペットが展示されました。

伊東豊雄、北川原温、鈴木エドワードの建築家三氏によるデザインで

カーペットの「今」をテーマに披露して頂きました。

 

COMPUTER JET DYE CARPET「ARCHI DESIGN」とは

建築家、設計家、インテリアデザイナーのために企画・制作、生産している

コンピューターコントロールデザインによるカーペットです。

当時、カーペット分野ではこのような試みは初めてで

新鋭機と長い年月を経て踏襲しつづけてきた

人の技と知恵とのコラボレーションで

カーペットデザインの可能性を無限にした作品ばかりとなりました。

 

CJの技術により、自分の設計した建築のプランや

ドローイング、床材写真、空や草原や宇宙の写真などが

フィルム一枚でカーペットに再現される…

部屋や室内空間を自分だけのオリジナルで飾れる再現性の自由さに

『カーペットも洋服のレベルに近づいた』と大変良い評価を頂きました。

 

tsuki_1

 

tsuki_2

 

上の写真は月面のクレーターをイメージし作成されたものです。

まるで実際に凹凸しているかのようなリアルな表現は

CJの技術ならでは。

見る人にインパクトと感動を与える逸品です。

 

冒頭の写真のカーペットは現在も平方工場にて展示されております。

お近くにお越しの際は、ぜひお立ち寄りください。

 

COMPUTER JET DYE CARPET「ARCHI DESIGN」はコチラから

1 2

最新記事

アーカイブ

page top

採用情報