BLOG

©JAXA

 

「おかえり」はやぶさ2。。。そして「いってらっしゃい」

先日、新型コロナウィルスの猛威により世界中が暗く落ち込みがちな中、明るい話題がありました。皆さんも今まで少なからずテレビや新聞で目にしたことはあったと思います。はやぶさ2が52億キロの宇宙の旅を約6年の歳月をかけて無事任務を果たし地球近くへ戻ってきました。はやぶさ2は2014年2月に鹿児島県の種子島宇宙センターから打ち上げられたH2Aロケット26号機に搭載されていました。12月5日の夜にカプセルも無事に分離でき2019年に小惑星「りゅうぐう」で採取した岩石のサンプルが入っていると言われています。
そのカプセルも12月6日午前4時47分に、前回のはやぶさのカプセルと同じオーストラリア南部ウーメラの砂漠地帯で回収されました。はやぶさ2本体は次の目的地の小惑星「1998KY26」に向け出発しました。

以前、阿部寛が主演した下町ロケットというドラマがありましたが皆さんご存知ですか?
これは、佃製作所という中小企業が作ったバルブがロケットに採用された物語ですが、実は私たちが作っている糸もロケットに必要不可欠なものであり、このはやぶさのカプセルにも耐熱材として採用されています。
前回のはやぶさのカプセルは「イトカワ」で微粒子の採取に成功しました。今回のカプセルは基本的な素材はそのままで、いろいろな機能が改善されています。

 


©JAXA

 

このカプセルの耐熱材「ヒートシールド」は弊社で生産しているカイノールカーボン(カーボンフェノール)が採用されています。もともとこの素材は、H2ロケットの固体燃料ブースターの噴射ノズルの内側に耐熱材として採用されたのが始まりで、現在はH2A、H2B、H3ロケットの固体燃料ブースターやイプシロンロケットの噴射ノズルに使われています。


©JAXA

 

カイノールはフェノール系ノボロイド繊維で、耐薬品性や耐熱性に優れた素材です。弊社では1977年(昭和55年)よりカイノールの生産に取り掛りました。当初は非常に糸にする事が難しい繊維でしたが、工夫に工夫を重ね設備改造をして何とか糸にすることに成功しました。しかしながら、産業資材用途に使うには糸のムラなど課題が多く残されました。それでも日本の宇宙開発において当初から期待されていた素材であり、弊社もプロジェクトチームを作り品質の向上・安定に取り組んだ結果、1994年2月のH2ロケット1号機から採用されました。つい先日の11月29日のH2Aロケット43号機まで全ての固体燃料ブースターに続けて採用されており、イプシロンロケットも1号機から採用されています。
私達が、作った糸が遠い宇宙まで行くのに役立っている事は嬉しい限りです。
弊社は、今後も世界に貢献できる企業になるべく日々精進してまいります。
そして、お客様にとってより良い商品づくりに、これからも邁進して参りたいと思います。

 

紡績部門 生産統括部 小笠原正人

この度、大阪営業所3Fショールーム・会議室の天井・クロス・照明・空調・そしてカーペットの改修工事を実施致しました。今回のリニューアルのポイントは下記になります。

 

1. 天井  元々の仕様に合わせて、塗装にて対応致しました。
2. クロス 長期的な利用を考慮し汚れが目立ちにくいよう、表面に凹凸があり、目にも優しいアイボリーに致しました。
3.照明  これまでより全体の雰囲気が明るくなるよう、照度の高いLEDへ変更致しました。
4. 空調  環境への配慮を考慮し、省エネルギー対応機へ変更致しました。
5. カーペット 新商品のラメ糸を使用し、デザインは壮大な1枚柄を使用したプリントタイルカーペットに致しました。

現在の厳しい状況下でも、お客様に少しでも快適な空間で商品をご紹介したいという
私たちの想いから、今回の環境整備を実施致しました。
ここからはリニューアル実施前・実施後の写真をご案内致します。

 

●会議室のリニューアル前後

 

 

タイルカーペットの一枚柄の壮大さを活かした空間になっております。
※一枚柄は、全体で一枚の柄を表現することで、単調さの解消とスケールの大きなデザインを可能にします。

 

●ショールームのリニューアル前後

 

 

照明とクロスを変えることでここまで明るくなりました。

 

 

机と奥のパーテーションに木目のダイノックシートを貼り統一感を持たせました。

 

 

商品展示用のスポットライトも取り付けました。カーペットの中にあるシルバーのラメ糸がゴールドに光り幻想的な空間を演出しています。

2Fオフィスもリニューアルを実施致しましたが、特に3Fはショールームということもあり、お客様にご来社頂くことを想定したお客様目線のリニューアルです。
お客様に弊社商品を知って頂くための空間ですので、少しでもご興味頂きましたら、是非ご来社頂き実物をご覧下さい。

 

インテリア部門営業部 得平昌史

こんにちは!資材商品部、入社2年目の喜多條です。
11/4(水)若手社員研修が行われました。
現在はコロナ禍のため、各営業所をZoomで繋ぎリモートで行われています。

 

 

今回はグループ会社であるファーベスト社より
「光電子®」についてレクチャーをしていただきました。

ファーベストの社員の方たちからパワーポイントを用いて
非常に内容も分かりやすく、とても素晴らしい資料だと私自身感じました。
(実際私がこのような資料を作れるかと言われれば難しいです…)

実際の資料をお見せしたいのですが、ここは企業秘密ですね・・・(笑)。

 

「光電子®」ってどんなもの?
2020/06/08ブログ『ハセトラの技術力 ~免疫力をアップ~』を見てください!

目的としては
・「光電子®」の機能、効果、価値を知る。
・「光電子®」について理解し、各部署で光電子を活用し 売上・利益に繋げる。
この2点です。

↓グループディスカッションの様子

 

その後、Zoomにて各グループに分かれ
グループディスカッションを行いました。
様々な意見が出てとても面白いディスカッション
になりました。
今回改めてこのように、研修の場を用意して頂きとても、有難いです。
遠方の他部署の方と交流できる機会は今までになかったと思います。
社長の言う、「垣根を超える!」
まさに、この研修がその場だと感じています。

しかし、私たちはただ研修を行うだけで終わってはいけません。
研修の成果として、私たち一人ひとりが成長して、
会社の成長と発展に貢献していきます。

 

資材商品部 喜多條 祐人

来年で60年目を迎える平方(カーペット)工場
「古き良き」な雰囲気の平方工場ですが、この度営業事務所をリニューアル致しました◎
インテリア部門らしくとってもおしゃれな内装。。。

 

 

デスクにこんなかわいい小物が置いてありました。
さすがインテリア営業の皆さんです。グリーンが映えてますね。

 

 

お次は私の職場でもあるデザイン室です。
奥の黄色い壁がすごくかわいいです。

 

 

一面壁の色を変えるのはデザイン室の先輩方のアイデア。
さすがインテリア部門のデザイン室。。。おしゃれです。

 

 

営業とデザイン室のカーペットは、単調にならないようにベース色を変えているんです。

営業側はベージュが基調になっていて、明るい雰囲気にすることで、営業の皆さんの
コミュニケーションがより活発になるようにしているんです。

 

 

デザイン室はブラウンが基調になっていて、落ち着いた雰囲気で集中してデザイン
できるように工夫されているんです。

 

デザイン室の先輩がつくってくださったデザインです。
ポイント色にパープルとイエローが入ってます。
こういうポイント色、かわいくてグッときちゃいますよね。。。

 

応接間もミーティングルームに改装されました。
Zoom環境も整っていて、時代に乗ってます。さすが。

 

 

写真だと分かりづらいんですが、このカーペットにはラメ糸を使ってるので光の反射でキラキラしてます。
ラメ糸を使ったカーペット。キラキラを活かした柄を…と考えて水面イメージの柄を作ってみました。

 

 

壁のブルーも爽やかで、ミーティングにはもってこいな色ですね。
このミーティングルームはお客様にもお使い頂くスペース。
定期的に新作カーペットに貼り変えていく予定なのでお越しの際はぜひ注目してみてください◎

 

こんな感じでおしゃれに、快適に改装された営業事務所。
ただ環境が良くなっただけでは意味がない、ということで、整理整頓、環境整備、意識も変化が大切です。
きれいなオフィスにエネルギーをもらって新しいアイデアやインスピレーションも湧きそうな予感。。。

 

「古き良き」も大切に、「新しい」にも挑戦する営業チームにご期待ください◎
新しいオフィスで心機一転、コロナに負けず頑張って行きます!

 

 

コロナ対策もばっちりですので、安心してお越しください。

 

営業部デザイン室 中村

「みなさん、こんにちは!」

 

ようやく、この東海平野部も秋めいてきた感じですね。
秋と言えば、学校では運動会や修学旅行、社会見学といったイベントが多いのではないでしょうか?
しかし、Withコロナで各地の学校ではイベントが中止されています。

 

 

当社では、一昨年前から「魅せる工場」をめざして工場見学を積極的に受け入れています。
先日も地元の竹鼻中学校1年生の方々が体験学習を兼ねた工場見学に来てくれました。

学校では新型コロナの影響により、バスの移動が制限されたとか。
そこで、テキスタイルマテリアルセンター(岐阜県毛織工業組合)様が主催し、

地元の繊維産業や企業を知ってもらおうという今回の企画。
当社も喜んで、協力させていただきました。

 

 

はじめの座学では、会社の紹介のほか、羽島や日本の繊維産業の変還も学んでいただきました。
みなさん、まじめにノートをとって、すごく礼儀正しい。
元気がない感じに、ちょっと心配。

 

 

 

でも、座学のあとのアイスブレイキングでの「じゃんけんゲーム」。
そして、ワークショップでは6種類の異なった素材の糸で「糸電話づくり」では
もう、みんなのボルテージはヒートアップです!

 

 

続いて、工場見学は数名のグループに分かれての見学。
みんな、見たことがない機械に興味津々。
食い入るように見つめる子も。

 

当社にとっても貴重な1日でした。
今回の運営は、この春に入社したばかりの社員から2、3年の社員が中心となって普段はまったく違った部署の

メンバーが集まって対応してくれました。
「本当にありがとう!」
若手社員の成長と活躍。これも、喜びの一つでした。
私たちが携わる繊維には、凄い可能性と魅力があります。
私たちは常に繊維に触れています。
人間に一番近いプロダクトは繊維です。
この繊維が少しでも快適なもの、良いものになれば人の生活が変わります。
人の生活が変わると、世界を変えることが出来ます。
これからも「素材で世界を変える」をスローガンに、コロナに負けない企業、地元に根ざした企業として頑張ります。

 

総務部

1 2 3 4 5 6 19

最新記事

アーカイブ

page top

採用情報