BLOG

11月19日の繊維ニュースに当社グループの㈱ファーベストの
女性社員が取り組む、フェムテック分野への参入が紹介されました。
メンバーは、入社1、2年目スタッフ。

 

フェムテックのテーマは、女性スタッフの知見を生かして
女性特有の悩みを解消する素材や製品の実現を目指しています。

 

そして、12月1日(水)~3日(金)には、ぬくもりLab 展 と題して、
展示会を開催します。
詳細は、下記URLより
URL:https://nukumori-lab.com/

 

 

 

                              総務部

11月19日、中日本生涯学習センターにて、羽島長谷虎モラロジー事務
の維持員研修会を開催しました。
中日本生涯学習センターでの開催は昨年に続いて2回目です。
一昨年までは例年、会社での実施でした。

 

センターでの研修は、緊張感ともまた違った、「凛」とした感覚。
不思議です。場所が違えばこんなに違うものか・・・。

 

 

講師は昨年に続いて、当社の道徳顧問 永冶達彦講師(公益財団法人
モラロジー教育財団 理事 生涯学習本部 副本部長兼、企業センター
長)をお招きしました。
演題:道徳は家庭と企業から
    ~家庭と職場は仕事と人生の活力源~

 

維持員(43名)をはじめ、幹部を含めた58名が参加。

 

改めて、家庭のみならず社会における伝統報恩と人心救済ならびに、
「心づかい」の大切さについて学ばせていただきまし。

 

まさに、「心」の洗濯です。

 

参加者一同、永冶講師をはじめ、開催にあたってご協力をいただいた
皆々様に心より感謝とお礼を申し上げます。
ありがとうございました。

 

午後より、同会場にて各部の今期方針発表(幹部研修会)が執り行わ
れました。

 

当社は、これからも「道経一体」を経営理念に社会活動に貢献して
参ります。

 

 

                                総務部

この度、グループ会社の株式会社ファーベストが企業様向けに
「ぬくもりを体感する3日間 ぬくもりLab展」と題して、
遠赤外線素材 光電子®の展示会を下記日程で開催致します。

 

日時:2021.12.1(水)~3(金) 10:00~17:00  入場料無料/予約制
会場:@Dogenzaka Pier
     東京都渋谷区道玄坂1-22-7 道玄坂ピア MAP
対象:こんな企業様におすすめします。
   ・新しい素材を使った商品開発を検討している
   ・フェムテック市場での商品開発を目指している
   ・女性向け商品開発の新たなパートナーを探している
   ・私たちの考える「ぬくもり」に共感できる企業様
※展示会は、予約制。
 詳しくは、URL:https://nukumori-lab.com/

 

[主催:お問い合わせ先]
 株式会社ファーベスト ぬくもりLab Project info@firbest.co.jp

 

 

                                      総務部

「みなさん、こんにちは!」

 

秋も深まり、突き抜けるような青空ですが朝晩はめっきり冷たい空気ですね。
秋と言えば、「食欲の秋」、「読書の秋」、そしてちょっぴり哀愁を感じる季節。

 

9月に緊急事態宣言が解除されたとは言え、やっぱりWithコロナ。
11月3日の当社、恒例の「ハセトラ祭」は昨年に続いて中止なりました。
残念です。。。

 

そんな淋しい秋ですが、やっぱり秋はイベントシーズン。
運動会や文化祭(学園祭)、社会見学に修学旅行のシーズン。
でも、今年も何か違う感じの世の中の動き・・・

 

そんな世相の中、テキスタイルマテリアルセンター(岐阜県毛織工業組合)様が
主催された、地元の繊維産業や企業を知ってもらおうという企画で昨年に続いて、
地元中学校の2校が体験学習を兼ねた工場見学に当社を訪れてくれました!
・10月18日、羽島市立中央中学校
・10月28日、羽島市立竹鼻中学校

 

工場見学はもちろん、会社の紹介のほか、
羽島や日本の繊維産業の変還も学んでいただき、座学が行われました。
座学?
座学は、6種類の糸を使って「糸電話」を作って素材の違いを体感してもらいました。

 

どんな世の中でも、やっぱり子供の心は今も昔も同じ。眩しいです!
(画像を載せたかったのですが大人の諸事情でごめんなさい。)

 

当社にとっても貴重な日となりました。
ありがとうございました。
そして、ご協力をいただいた方々には心よりお礼を申し上げます。

 

 

 

10月29日、「ひつじサミット尾州」に参加
この「ひつじサミット尾州」は、繊維産業の盛んな木曽川近辺で開催され、
尾州地区の48社が参加し、地域の魅力だけでなく、内外を問わない持続的な横の
つながりを目指した観光イベント。
当社は、29日の1日(イベントは、29日、30日と2日間)のみでしたが、羽島市長
の松井様をはじめ遠方から、たいへん多くの方々に訪れていただきました。

 


(社長の商品説明に聞き入るSEAMOさん)

 

途中、一宮出身のシンガーソングライター SEAMOさんが来社。
これにはびっくり!

 

多くの方々に起こしいただき、本当にありがとうございました。

 


(SEAMOさんと参加者の方々)

 

長谷虎グループは、「地域との共存共栄」という創業の精神のもと、
サスティナブルな社会、持続可能な社会の実現に貢献するため、持続可能な
開発目標(SDGs)への取組みを強化するとともに、地域と長谷虎グループの
持続的な成長に取り組んでいます。

 

 

この一日は正に、「地域との共存共栄」の一日でした。
● 持続可能な社会の実現に、地域の一人ひとりが重要な担い手として活躍できる
 社会の構築に貢献します。
● 未来を想う人々がつながりあうコミュニティー作りに貢献します。

これからも「素材で世界を変える」をスローガンに、コロナに負けない企業、
地元に根ざした企業として持続可能な開発目標(SDGs)へ引続き取り組んで
参ります。

 

 

                                         総務部

皆さんは、カーペットと聞いたとき、どのような状態をイメージされますか。
アンティークのある部屋に長方形の長細いものが一枚置いてある、
そのようなイメージが一般的かもしれません。
このような使用方法を“置き敷き”といい、名称の通り置くだけになります。

 

今回、ホテルの通路や部屋一面に敷く“敷き込み”という方法について、ご紹介致します。

 

“敷き込み”の場合、“置き敷き”とは異なり全面に敷き込むため、カーペットを
完全に固定する必要があります。そのためこの方法では工事が必要となります。

 

ここからは敷き替え工事の工程を順に紹介しながら、説明を致します。

 

1.既存カーペットの捲(めく)り

 

新しいカーペットを納品するためには、まずは現在敷かれている古いものを剥がして
取り除く必要があります。先ほど完全に固定すると説明しましたが固定されているため
取り除くのも結構手間のかかる作業になります。
カーペットを捲るとその下にフエルトというクッション材が出てきますので、これも
新しいものに交換する場合は剥がす必要があります。
しかし、フエルトはラテックスという接着剤で固定されているため綺麗には剥がれません。

 

2.ケレンがけ

 

次に古い接着剤(ラテックス)を床から剥がす、ケレンがけという作業を行います。
カーペットを敷いたときに段差ができないように専用の道具を使って奇麗に剥がします。

 

3.新しいフエルトを敷く

 

古いものを綺麗に取り除けたら、下地に接着剤(ラテックス)を塗布し新しいフエルトを敷いていきます。

 

4.カーペットを広げて位置を決める

 

フエルトを無事敷き終わったら、いよいよカーペットを広げます。
柄の位置を決めるために数人で引っ張りながら位置を決めていきます。
これは非常に重く大変な作業です。
位置が決まれば不要な部分を切り落とし、またカーペットを繋ぎ合わせる場合は
専用のテープを使用しアイロンでテープを溶かしながら繋ぎ合わせます。
写真も一枚ものに見えますが、実は柄の中央部分で繋ぎ合わせています。

 

5.グリッパーでの固定

 

部屋の隅全てにグリッパーという器具がありカーペットを固定します。
グリッパーとは木材に釘の尖った部分が出ているもので、その突起部分でカーペットの
ジュートという裏材を固定します。固定する際に弛みをなくすため専用の道具を使い
引っ張りながら固定していきます

 

実際はもう少し細かい工程に分かれますが、以上がカーペットの“敷き込み“の大まかな
作業手順になります。

 

実際に納品されたカーペットがこちらになります。貼り替えの前後で随分印象が変わったのでは
ないでしょうか。

〈貼り替え前〉               〈貼り替え後〉


KKR京都くに荘様 特別室

 

皆さんもホテルなどに宿泊される際は、一度こういった工程をイメージしてみてはいかがでしょうか。
是非カーペットをこれまでとは違う視点で楽しんでいただければと思います。

 

インテリア部門営業部

1 2 3 4 5 6 7 25

最新記事

アーカイブ

page top

採用情報